RSS | ATOM | SEARCH
2015年 明けましておめでとうございます!
ちょっと遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました!今年もヨロシクお願いします。

**********

最高にハッピーな状態で年越しカウントダウン!2015年を迎えたのち、
数年に一度あるか無いか、というレベルで悪酔いをしてしまい、
一部の皆様に多大なご迷惑とお手数をお掛けしました。
元日の深夜〜明け方というおめでたい中にもかかわらず、
寛大にご対応頂き本当に本当にありがとうございます。
謝意を伝えると共に、お詫び行脚に向かった際やどこかで会った際、
是非また宜しくお願いします。m(_ _)m

**********

色々と書き連ねたらとんでもなく長くなっちゃいました。
適宜切り上げてください。笑


【以下長文】
年末も軽く振り返りましたが、とにかく2014年は色々な事に挑戦し、
首を突っ込み、フットワークを最大限に軽くし、迷ったら動く!迷ったら攻める!
自分の周りの空気が停滞してきたら自分で動かす!を行動指針にドンと据えて
動いてきました。
おそらくかなりの効果があったなぁ、と実感しております。

が、やはりどこかで無理をしていたのかな、と自省する部分も大きい。
そのうち慣れるでしょ〜、とも思ってたのですが…
(実際、トレーニングなんかは小規模でそういう事が起こってるそうですね)
年越しとの関係は、あると言えばあるし無いと言えば無いのですが…
ここのところ見る必要の無かった、自分自身の嫌な部分というか深淵を、
お正月という身も心も一旦オフにした時間に思いっきり直視してしまい、
しばらく自己嫌悪に苛まれるなど。(そーっと棚卸ししようとした棚から
色んな魑魅魍魎が落ちてきてボッコボコにされた感じ)

やっぱり物事は表裏一体、好事魔多し。
上手く行ってる裏ではよからぬバックグラウンドのプログラムが走ってるのだなぁと
痛感。

とはいえ、ハイ自然体、無理しないでねマイペースでね、
というのも成長には繋がらず、いつまでも夢は夢のまま。
形から入る、まず行動する、ってのは確かにスゴく大事!
自分の理想と違う部分とか、ホントはこうしたいのに!
時間見つけてコレをやっつけたいのに!
というのを一つずつ気力と行動力で潰していくのは、
最善手ではないにしても良い策だとは思います。

問題は、そのままだといつか反動にやられる。
土台から離れたところでの表面的な改善では安定しないわ、波は激しいわ、
何より疲れる、無理がたたる。そんな事に気付いた訳です。

2015年は、表面(結果)じゃなくて自分の自然体ごと、理想に近付けていく、
というか。理想的な結果を出すためにはどういう土台でいれば無理しなくて良いかを
逆算するというか。ちょっと抽象的ですが、
そんな様なことを考えて過ごしていけたら良いなぁと思います。ゼロ地点修正。
失敗することや思い通りに行かないこと、そのものが悪いんじゃなくて、
リスキーな土台にいることやエラーの予備ネットの基礎工事をしてないことに
遠因アリ、と思うワケです。
そして、どこにどんな土台を構えれば良いかを知るために、形から入った経験は
この上ない武器になると思うのです。

このへんを感覚で出来ない不器用さと才の無さはイヤってほど自覚してるので、
回り道と言われようと考え過ぎと言われようと、ひたすら考察と実践あるのみ!
であります。


ちなみに、ヒントは音楽の習得方法と楽器のフォーム改善にあったのですが、
いよいよ長くなりすぎるので割愛、またの機会に。
(あっ、ここが一番発信したほうが良い情報かな…^^;)


**********

そして、わかりやすい昨年の心残りとしては、
自分で仕切って動く企画が出来なかった事。
リーダーライブ然り、自分のユニット然り。
(年末に「2014年初・リーダーライブ!」というネタまで用意してたのに、
 ブッキングできず不発)

これに関しても、本題で述べたあたりを改善してしまった方が手っ取り早く
解決できそうなので、あんまり焦らずに行きたいと思います。

**********

しっかしまぁ、長〜〜い文章!!(笑)
ここまでお付き合いしてくれた方がいらっしゃったとしたら、読了お疲れ様です。
ありがとうございます。

こうやって、ある程度の範囲に向けて、ある程度時間を割いて
アウトプットするという事。これも全て自分に良い結果となって
帰ってくると思うのです。去年はコレも足りてなかったな〜。

今年も引き続き、とても良い流れ、良いお話、良いご縁の予定がいくつか
決定しております。環境を大きく変えられる機会もゲットしたので、
ますます良い年になりそう。
肝心なところでペシャっとならないよう、気をつけなくては!(笑)

それと、脈絡は全く無いのですが、人には優しく、寛容に。
(甘く、ヌルく、ではない 笑)

皆様、今年もどうぞヨロシクお願い致します!
author:Naoyuki Takano, category:diary, 01:13
-, -, -