RSS | ATOM | SEARCH
【33】という数には縁があるなぁ。
大学4年の時の「ヤマノ」が第33回。
そしてこのたび、昨日開催された第33回浅草ジャズコンテストに、
ゲスト出演して参りました!テンションは勝手に凱旋公演。
自分の出場した時から随分時間が経過しちゃったものの、
まだまだハッキリ思い出せる事も多かったです。
副賞の浅草ビューホテル宿泊券、結局使うことなく期限が来ちゃったっけなぁ(笑)
(そのへんの残念さが高野クオリティ)

そして…情報が開示されていなかったので公表していませんでしたが、
そうそうたる顔ぶれの先生方に並び、ゲストで審査員を努めさせて頂きました。

光栄が身に余りすぎて、プレッシャーで胃が痛かった!(笑)
誇りと信念を持って、自分の信じるままに。
一議席分の仕事を全うできるように尽力しました。

音楽的な細かいことは、当日あの会場で共有できた人の心のうちに
留めておくが吉かな?という事で、あまり言及しない方が良いでしょう(^-^)
ただ一つ言える事は、ものすごくゴキゲンにイベントを堪能できたという事!
職務上・便宜上、ドライな耳もOnにしなければいけなかったけど、
心地良く一オーディエンスとして出場者の皆さんの歌と演奏を楽しめました。

かつての自分のように、出場した全ての皆さんにとって
今回のコンテストが良い方へのターニングポイントになりますように!

いやー、自分もがんばらねば!

**********

さて、話は変わって!閑話休題〜( ^ω^)

そんな大学時代の事を思い出すと、何となく就活とは無縁の生活を送ってしまい、
わりと貴重な「MARCH新卒カード」を惜しげもなく手放した事から
今日までの道が繋がっているワケですが。
(当時、その価値すら良くわかってなかった 笑)

卒業直後の修行時代、言ってみれば「ニート以上プロ未満」の頃、
どうやったらプロになれるのかな?と考えながら、
『こういう手段では世に出ないようにしよう!』と、
自主的に作った幾つかの自分ルールがあるのです。
それには細かい理由がたくさんあり、実際この選択は
かなり正解に近かったと今でも思ってるのですが…


まぁ、時も流れ、自分のキャリアや心境、自分を取り巻く環境も変化した事だし、
そろそろ縛りを解禁しようかと!
アウトプットの一手段として、こんな感じの事をぽつぽつと発信して行けたら
良いなぁと思ってます。

ぽいっと。
『Drunk Dreamer』

ゆくゆくは有料配信なんかも視野には入れていますが、とりあえずの無料公開♪
お酒を飲んで、ふわーーっとしながら作った曲なので、皆さんも
いつもよりちょっと良いお酒でも片手に聴いてもらえると嬉しいです。

あ、E.Pianoは修正の嵐ですよ?お察し下さい(笑)

自分のイメージを具現化できる手段、あと幾つか温存してあるのですが、
(出し惜しみしすぎ!笑) そろそろ満を持して出すタイミングかと!
モチロン、今まで通りの手段もキープしておく所存であります。
ご期待くださいませ♪

**********

えにしの深い33という数字。
次に出会うのは、…次の誕生日!
(そう、前回も書いた通り、浅草ジャズコンテストと同い年なんです。
 コンテストが毎年続く限り、年齢詐称できない 笑)

次の一年、ものすごいミラクルが起こせそうな予感!!
皆々様、引き続きヨロシクお願いいたします♪
author:Naoyuki Takano, category:diary, 23:06
-, -, -