RSS | ATOM | SEARCH
ブログをお引越しします。
さてさて、そんなわけで、ブログをお引越ししました。引越しばっかですみません。
http://ameblo.jp/works146/

ウェブサイトから、一応こっちのブログにもリンクしてみたんですが、
「日記はここで終わっている…」
みたいな状態だったので(笑) 記事を更新しておこうかと。

エクスポート→インポートがめんどくさそうな予感なので、
このまま残しておくと思います。
それでは皆様、引き続きアチラで宜しくお願いします。
author:Naoyuki Takano, category:diary, 12:28
-, -, -
ぶっ通しの三ヶ月半+ぶっ倒れた二週間
ここ数ヶ月間、心ここにあらずでした。

年明け早々より4月中旬頃まで、ありがたくも嬉しくも珍しくも、嵐のようなお仕事が毎日毎日押し寄せて来ており、ぶっ通しでの駆けずり回りを余儀なくされる日々でした。
自分がどんな状態でも、一つ一つのお仕事を大事に。瑕疵がないよう、関われた人がみんな笑顔でハッピーになれるよう…
無理のリミットを越え続けた日々は続き、休日は全く布団から出られず、でも飲み会誘われたら大遅刻しても行きたい!そういう運気の時は絶対何かスペシャルな事があるはず!とやっていた結果…

案の定、予想通り。いや予想を超えて?
何とか乗り越えてみたら、身も心も動かない時期が二週間ほど。
入った仕事はさも平常通りのコンディションを装って遂行、余計悪化するパターン。

氷河期のような日々を経て、ようやく社会復帰しつつあります。
密度×期間で考えたら人生で一番忙しかったし、こんなにぐったりと何もできなくなったのも久しぶりの事です。
(…アレ?って事はプラマイするとプラスか! 笑)

今になってようやく、2月3月頃の記憶を振り返れるようになりました。あの頃まだ寒かったっけなぁ。

ビジネス系のライフハック的には最悪手の極みですが、一ヶ月以上前にお会いした人にようやくお疲れ様でしたメールがお送りできます。。。いきなり届いた方、ビックリしないでいただけると嬉しいです。
自分の体内時計に正直に。フェードアウトよりはいくらかマシ、という信条の下に。

無くなったことにすら気付かない小物が、しまった覚えの無い場所から出てきたり。お誘いいただいた飲み会で0杯目から完全に意識が飛んでたり(2杯目くらいから調子出てきたw)。不思議な体験がいっぱいです。人間って面白い。
小人さん自動操縦モードのときに何かヘンな事言ってたりしたらゴメンナサイ。
おカネと一緒で、未来の自分の労働力を前借りしたと考えれば、まぁまぁ良心的な金利だったのではないかと。笑
コレもまた生き方。

明後日は超オススメライブですゆえ、皆様ぜひぜひご来場下さい!
https://www.facebook.com/works146info/posts/884269724953298
author:Naoyuki Takano, category:diary, 00:32
-, -, -
2015年 明けましておめでとうございます!
ちょっと遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました!今年もヨロシクお願いします。

**********

最高にハッピーな状態で年越しカウントダウン!2015年を迎えたのち、
数年に一度あるか無いか、というレベルで悪酔いをしてしまい、
一部の皆様に多大なご迷惑とお手数をお掛けしました。
元日の深夜〜明け方というおめでたい中にもかかわらず、
寛大にご対応頂き本当に本当にありがとうございます。
謝意を伝えると共に、お詫び行脚に向かった際やどこかで会った際、
是非また宜しくお願いします。m(_ _)m

**********

色々と書き連ねたらとんでもなく長くなっちゃいました。
適宜切り上げてください。笑


【以下長文】
続きを読む >>
author:Naoyuki Takano, category:diary, 01:13
-, -, -
9月、10月、目が回る。そして11月の予定!(予告編)
ミラクルムーンが雲に隠れていようとも、思考回路がショート寸前な毎日です!(@_@;)
一つ一つ、必ず未来に繋がるであろう事で忙殺されておりますので、
ギリギリ告知やリーダー企画凍結など、ご容赦下さいませ!

http://works146info.blog.fc2.com/blog-category-1.html
author:Naoyuki Takano, category:diary, 15:49
-, -, -
2013年12月35日の日記。
気分的には2013年12月30日が終わった直後、っていう感じなのですが。
もう数日経ってますね。…何とまぁ、世間の皆さんは既に3が日を終えられたと!!
クリビツテンギョー!(昭和のバンドマン的表現)

昨年末は、お仕事こそ普通ペースでしたが、忘年会と称して
色んな人たちとの初めまして、"二度目まして"の機会に恵まれました。
たぶん、ある期間中の数日は毎晩
「初めまして」&「お久しぶりです〜覚えてますか?」を言ってた気がする。
皆さんお察しの通り、人と会うのや新しい人と知り合いになるのは大好きな部類で、
この機会逃してなるものか!とばかりに、誘われた会は基本的に
全参加してみたのですがw

が、きっと、本質的な潜在意識の部分では苦手なんだろうなぁ、とも諦観。
正確には、好きだし得意だけど、人より精神的な消費ポイントが多いイメージ。

大晦日も、ジャズミュージシャン的に美味しい場所が都内各所にあり、
片っ端から回る願望だけはありつつ、実際は自室の布団から出られず。
気付いたら年は勝手に越えてて、いつの間にか初日の出は登ってて、
attaccaで寝正月突入。そのままただの「お節お雑煮消化設備」に。

まぁ、寝続けた甲斐あって、頭も身体もシャッキリと復活いたしました!

で、実は全快とはいかず。
年末に靴擦れを起こしたのですが、それが現在、悪化しまくり、化膿しまくり。。。
お正月でも開いてる緊急病院でレントゲンを撮る騒ぎに。
(たぶん、時間かければ治るとの事ですが、潰瘍と診断されました…)

なかなか2014年も波乱の船出のようです。


とりあえず、2013年は盛り沢山すぎてなかなか振り返れないのですが、
まぁそれは時間があったら、って事で、後回し!(笑)
ひとまずは「あけおめコトヨロ」です!

大晦日惨敗の記録。
※写真は、完全に不発だった大晦日の苦い思い出の品。大幅赤字orz
author:Naoyuki Takano, category:diary, 20:10
-, -, -
【33】という数には縁があるなぁ。
大学4年の時の「ヤマノ」が第33回。
そしてこのたび、昨日開催された第33回浅草ジャズコンテストに、
ゲスト出演して参りました!テンションは勝手に凱旋公演。
自分の出場した時から随分時間が経過しちゃったものの、
まだまだハッキリ思い出せる事も多かったです。
副賞の浅草ビューホテル宿泊券、結局使うことなく期限が来ちゃったっけなぁ(笑)
(そのへんの残念さが高野クオリティ)

そして…情報が開示されていなかったので公表していませんでしたが、
そうそうたる顔ぶれの先生方に並び、ゲストで審査員を努めさせて頂きました。

光栄が身に余りすぎて、プレッシャーで胃が痛かった!(笑)
誇りと信念を持って、自分の信じるままに。
一議席分の仕事を全うできるように尽力しました。

音楽的な細かいことは、当日あの会場で共有できた人の心のうちに
留めておくが吉かな?という事で、あまり言及しない方が良いでしょう(^-^)
ただ一つ言える事は、ものすごくゴキゲンにイベントを堪能できたという事!
職務上・便宜上、ドライな耳もOnにしなければいけなかったけど、
心地良く一オーディエンスとして出場者の皆さんの歌と演奏を楽しめました。

かつての自分のように、出場した全ての皆さんにとって
今回のコンテストが良い方へのターニングポイントになりますように!

いやー、自分もがんばらねば!

**********

さて、話は変わって!閑話休題〜( ^ω^)

そんな大学時代の事を思い出すと、何となく就活とは無縁の生活を送ってしまい、
わりと貴重な「MARCH新卒カード」を惜しげもなく手放した事から
今日までの道が繋がっているワケですが。
(当時、その価値すら良くわかってなかった 笑)

卒業直後の修行時代、言ってみれば「ニート以上プロ未満」の頃、
どうやったらプロになれるのかな?と考えながら、
『こういう手段では世に出ないようにしよう!』と、
自主的に作った幾つかの自分ルールがあるのです。
それには細かい理由がたくさんあり、実際この選択は
かなり正解に近かったと今でも思ってるのですが…


まぁ、時も流れ、自分のキャリアや心境、自分を取り巻く環境も変化した事だし、
そろそろ縛りを解禁しようかと!
アウトプットの一手段として、こんな感じの事をぽつぽつと発信して行けたら
良いなぁと思ってます。

ぽいっと。
『Drunk Dreamer』

ゆくゆくは有料配信なんかも視野には入れていますが、とりあえずの無料公開♪
お酒を飲んで、ふわーーっとしながら作った曲なので、皆さんも
いつもよりちょっと良いお酒でも片手に聴いてもらえると嬉しいです。

あ、E.Pianoは修正の嵐ですよ?お察し下さい(笑)

自分のイメージを具現化できる手段、あと幾つか温存してあるのですが、
(出し惜しみしすぎ!笑) そろそろ満を持して出すタイミングかと!
モチロン、今まで通りの手段もキープしておく所存であります。
ご期待くださいませ♪

**********

えにしの深い33という数字。
次に出会うのは、…次の誕生日!
(そう、前回も書いた通り、浅草ジャズコンテストと同い年なんです。
 コンテストが毎年続く限り、年齢詐称できない 笑)

次の一年、ものすごいミラクルが起こせそうな予感!!
皆々様、引き続きヨロシクお願いいたします♪
author:Naoyuki Takano, category:diary, 23:06
-, -, -
小林正弘(tp)Quincy Jones Night at 目黒BLUES ALLEY、無事終了しました!

Quincy Jones Night無事終了!!
 

Big Band Liveかくあるべき、
Sax Sectionかくあるべき、
アンサンブルかくあるべき、
バンドマンの飲み会かくあるべき(?)…
 

リハーサルからオンステージから終了後まで、
物凄〜〜〜〜く、理想的で、心地よい瞬間の連続でした!!
本当に、素晴らしい音楽と、そこに自分が参加できる事への
感謝の気持ちで胸が一杯です。

 

色々と、揺らぎかけていたビジョンが、再びバシっと見えた!
そう、結局、コレがやりたいから、この景色が見たいから、
お客さんの前で音楽やってるんだよな!…っていう、
当たり前の事だけど、なかなか当たり前にやるのが難しい事を
再認識できました。
 

折れちゃ〜ダメだよね♪
 

願わくば、この世界がもっともっと多くの人に広がって、
もっともっと多くの人の元に届けられますように。
明日からも頑張るぞ〜!!
 

活力をもらったので、ギュウギュウの終電もへっちゃらで帰宅中。
みんな、月曜くらい早く帰ろう〜!!
(遊びじゃなくて、お仕事で終電の方がいたらスミマセン^^;;)
 

もっともっと、精進♪♪

author:Naoyuki Takano, category:diary, 00:52
-, -, -
一夜明けて。
いやぁ、ほんとーーに良い一日でした!
音楽家冥利に尽きる、の一言です。
価値観というか、美意識というか、ノリというか…
何も言わなくても共有できる仲間が集まってくれて、
本当にかけがえの無い時間を過ごせました。
(個人的には、これのもっとスゴい版、人間の本能に訴えかける
スケールの物を「ゲージュツ」と呼ぶ、と思うのですが、
この話はまたの機会に。笑)

個人的な「してやったり!ポイント」、アンサンブル編。
特に学生さんやアマチュアさんに知ってもらいたいのですが、
リハ数回〜本番ステージ上を含めて、一回もチューニングしなかった!
(ホントに。)
正確には「その必要が無かった」。何故か響きが合っちゃうんですもの。

奏者側のスキル、譜面の精度、環境などの条件が揃うと、
こういうコトが起こるわけです。
※あくまでケースバイケースなので一概には言えませんが。^_^;

してやったり!ポイント、ジャズステージ編は…
これ、もっとアピールするべきだった。今回、完全にノンPAでした!
ベースアンプと鍵ハモのマイクくらいは必要かな?
と思ってたのですが、それすら不要。
各人のスキルと、全体を見渡せるビジョンと…
こちらも皆さんに助けられました!

※これもケースバイケースで、PAをしっかり活用した方が
良い状況もモチロン多いんですが。

あれ、結果的にこれ両方とも、常々自分が
「ホントはこうできたら良いな」と思ってる事だ!
会場のスペースDoと、今回の編成の相性がバツグンだったのかな?
似たような編成の皆さん、オススメですよ!(笑)

新しく出会えたお客さんはもちろん、久しぶりに会えたお客さんが
多かったのも嬉しかったなぁ。

あ〜もう、ホントに、書ききれない、語り尽くせない、
言葉にしきれないほど沢山の感動と、嬉しい事と、
してやったりポイントと…とにかく、幸せでした。ハッピーでした。
何だか、全ての事が上手く噛み合って、良い結果に繋がって、
どんどんミラクルが起こって、そうそう、コレがやりたくて
音楽家やってるんだよな!と、改めて再認識できた日になりました。

スケジュール的に全く身動きが取れない事は事前に
わかってたのですが、それでも強行して良かった!!
(ポロポロっと落とした譜面に関しては、
そのへんに免じてご容赦頂きたく^^;;;)

終わっちゃったんだよな。ふぅ。(´・_・`)
諸行無常。明日は必ずやって来る。
そんな感じで、ひと段落しています。

みなさま、今後ともヨロシクお願い致します!
author:Naoyuki Takano, category:diary, 19:27
-, -, -
大阪→東京通過からの埼玉→東京通過からの千葉

大阪公演、夕方に終了!
ダッシュで新大阪に向かい、(連休最終日で乗変できなかったので)座れる自由席を待って、東京へ!
仮眠しつつガクタイモードoff、移動中はバンマス&ディレクターモードでリードシートを作成し、埼玉県に入ったところでアレンジャーモードON、打ち上げに参加。
もはや何のヒトだかわからない状態ですが、明日から3日間、ようやく休養と11/8コンサートの準備に専念できます♪ まずはコンディションの調整から。。。

 

何だかバシバシと「行きます!」「行けるかも?」というお知らせが届き、嬉しい限りですが… まだまだお席に余裕が有ります!!(広いトコですからね!)
前日までにご予約いただくとおトクです。是非ご利用ください☆


http://works146info.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
告知サイト版

https://www.facebook.com/events/645567242131653/
Facebookページ版


さーて、熟睡してリセットしまーす!

author:Naoyuki Takano, category:diary, 01:48
-, -, -
7月を振り返ろうと思ったら濃すぎて振り返れないくらい濃かったなぁというお話。
後ろを振り返る間もなく突っ走ったらもう8月も上旬が終わる頃ですか!?
ビックリです(@_@;) やっと一息つけました。


NHK Eテレ『ムジカ・ピッコリーノ』

無事、出演した場面がO.A.されました!
本当はもうちょっと色々撮ったんですが、ザクっと切られた場面も
ありました^^;
モノづくりには当然、優先順位があるので、そういうモノでしょうか。
映れなかった人がいるのが、心残りといえば心残りですが…

ちなみにウラ話(?)として。
共演した人は、実は俳優さんではなく、ドラマーの方でした
あのあと、Saxで出したリズムをドラムでも追っかけて、
そのままFunkのパターンに乗ってSaxが同じフレーズを吹いて、これがFunk!
…みたいな展開が予定されてたのですが(やっとテーマに繋がった!)、
きっと伝わりにくくてバッサリ違う企画になってしまったのでしょう

特殊奏法でキュッキュッ言ってた記憶しか残ってないのですが(笑)
まぁそんな感じです。

ボツ部分を録ったスタジオの部屋番号が505番だったので、
人知れずテンションは上がっておりました(゜∀゜)

こちら、同じくお蔵入りした部分の小道具。
中身は…言及するのはヤボでしょうか(^0^)
○ァンタ○゛レープっぽい感じでした笑


東京ブラスアートオーケストラ

ほぼ全編リード(&フルート・ピッコロ)で参加いたしました!
告知の時にも触れましたが、こういう守備位置で音楽に参加できる事が、
本当に嬉しくて光栄に思います。

「Rhapsody in Blue」の、クラリネット"じゃない"部分を演奏する機会、
きっともうなかなか無いだろうなぁ

他の曲の、譜面のエグさ・エゲツナさも健在。(笑)
パっと見で吹けない、追えない譜面に定期的に取り組むのも大切ですね〜!



Quincy Jones The 80th Celebration Live in JAPAN

こんな大きなイベントに参加できるとは!夢のようです。
第二部通しで、リード(Alto、Soprano、Flute)で参加させて頂きました。
ひっさしぶりに緊張でガッチガチになりました〜〜!(;;;゜д゜)

自分の得意ワザ「緊張してるように見えない」を存分に発揮(笑)

ステージ上でお休みという曲が結構多かったのですが、
舞台上のモニターを聴きながら、
『今、自分は超一流の音を浴びながら、歴史的な一瞬を体験しているんだなぁ…』
と、本当にしみじみと、この巡り合わせを噛みしめたものです。

(演奏してるときは音楽に必死で(笑)、アレコレ考えてる余裕は無いのです^^;)

TwitterやFBにも貼り付けましたが、歴史的、記念写真!
(公開可との事!嬉しい限りです)



その他、いつもの様に日々のお仕事を遂行。
レッスン、営業シゴト、制作、ピアノアレンジ、
レッスン用書きソロ作成、楽器&マウスピース選定、等など。

子どものための企画で、10分だけクラリネットのお兄さんをやったり、

あとは、古巣BSSOの先輩方とのライブにも出演したり。
いやぁ、楽しかった!関係者用の録音聞いてニヤニヤしております 笑


**********


何だか5月くらいから、ものすんごい密度で日々が過ぎて行っています。
ここらでようやく、一息つけます。
ミュージシャンなのに、世間と同じタイミングでのお休み。
何だか、ソンした気分。笑


8月後半もライブと、大イベント!!
8/19(月)
8/24(土)


そしてその後はプレイヤー、ディレクター、アレンジャーとしてのお仕事が
カタマリでどすっと降ってくる模様!(アベノミクス!!)

20代の頃に、このくらいの忙しさも5〜6回乗り越えてきたはずなので、
今回も忙"殺"されずに、生き延びられるように頑張りまーす!
author:Naoyuki Takano, category:diary, 13:18
-, -, -